top of page
図1.jpg

Atherectomy Brush Up Course 2024
Live Demonstration  

ライブデモンストレーション
2024年12月予定
オンライン開催
参加費 2,000円
症例検討会
2024年8月5日(月)
症例検討会
症例検討会
2024年8月19日(月)
2024年9月2日(月)
オンライン開催 参加費無料
オンライン開催 参加費無料
オンライン開催 参加費無料
165×50_会社ロゴバナー(青地).gif
image001.jpg

ご挨拶

アテレクトミーブラッシュアップコース症例検討会開催につきまして一言ご挨拶させていただきます。

アテレクトミーデバイスの技術向上を目的として開催してきた本会ですが,2022からはWEB開催形式で実施させていただいておりますが,以前の対面形式と同様に多くの先生方にご参加いただくことができました。ここに感謝申し上げます。

アテレクトミーデバイスは,バルーンやステントとは異なる技術的なコツがあり,症例毎の細かい工夫も要求されることが多いため,個々の経験を共有していくことがスキルアップには極めて重要と考えます。今回もWEB開催という形式の利点を生かし,多くの先生方と経験を共有し,討論することで,日々の日常診療にお役立ていただけるような形を目指し,症例検討に加えて,エキスパートの先生からレクチャーをいただく構成といたしました.本会がより有意義な会となるように多くの先生方のご参加をお待ちしております。

なお,12月にはWEBでのライブデモンストレーションも企画しております.そちらへのご参加もお待ちしております。

事前参加登録を開始しました。

​下のボタンをクリックし、ご所属、ご氏名を明記の上、メールでお申し込みください。

About

​東日本アテレクトミー研究会

東日本アテレクトミー研究会とは

冠動脈カテーテル治療は 剤溶出ステント全盛の現在において、バルーンとステントが手技の中心となっています。しかしながら、カテーテル治療の適応拡大に伴い、バルーンやステントだけでは手技に難渋し、アテレクトミーを必要とする症例は決して稀ではありません。アテレクトミーを必要 とする病変は当然 複雑病変であり、アテレクトミーを安全かつ効果的に使用するためにはバルーンやステントとは異なるアテレクトミー特有のスキルが必要となります。

東日本アテレクトミー研究会ではアテレクトミーの基本手技の習得およびスキルアップを目的としてアテレクトミーブラッシュアップコースにおいてライブデモンストレーションおよび講習を通じて最良のアテレクトミーの使用法について討論します。

Organaization

​組織

代表世話人
濱嵜 裕司
おおたかの森病院
世話人
櫻井 将之
おおたかの森病院
辻田 裕昭​
昭和大学病院
武藤 光範
菊名記念病院院
会計
武田 悟秋
おおたかの森病院
会計監査
川崎 志郎
おおたかの森病院
bottom of page